• MFG Hack TOP >
  • トピックス >
  • 九州地区にて射出・ブロー成形のパイオニアを目指す! 関東製作所グループ 福岡工場設立

九州地区にて射出・ブロー成形のパイオニアを目指す! 関東製作所グループ 福岡工場設立

中村精工 九州工場建設予定地

関東製作所グループは子会社の中村精工のブランドで九州に初上陸します。

福岡県飯塚市にある鯰田工業団地(福岡県飯塚市鯰田194-4)に9006坪という広大な土地を取得。総額12億円の投資を行い、新工場を建設します。(面積664坪 事務所89坪)

工事建設スケジュール、アクセス情報、事業計画概要

工場建設スケジュールは以下の通り、執り行います。

・2021年2月建築開始
・2021年9月工場竣工
・2021年10月設備搬入
・2022年11月稼働

の予定となっております。

また、鯰田工業団地は博多から東北東に30km離れた位置にあり、

・博多駅、福岡空港、小倉駅からそれぞれ車で約60分
・トヨタ自動車宮田工場がある宮若市まで約35分
・日産自動車九州(株)がある苅田まで約60分
・ダイハツ九州(株)がある大分県中津市まで約1時間半

と駅や空港、さらには各自動車メーカーへのアクセスに優れています。

 

この福岡工場の設立で関東製作所グループとしては関東地区、中部地区、九州地区の国内3拠点でのサービス体制が整います。

九州地方において、自動車のグリルに代表される流線的・ダイナミックな造形美を大型金型で忠実に再現できるメーカーは数多くないことから、この分野の九州地区でのパイオニアを目指して参ります。
また、グループ企業との協力体制のもと、ブロー型製造、加工機・設備製造に加え、将来的には射出成形、ブロー成形の量産も実現できる体制を確立し、九州で生産技術代行が行える企業を目指します。

どうぞ、宜しくお願い致します。

 

中村精工 九州工場地鎮祭

 

中村精工ブランド 福岡工場の特色

特色1 大ロットの射出製品製造が可能

関東製作所グループとしては始めて大ロットの量産成形に対応できる工場となります。
今までもプラスチック成形の量産は行ってきましたが、大ロットを生産する場所がありませんでした。福岡工場では十分な大きさがあり、対応が可能となります。

特色2 大型の成形機を保有

福岡工場には1800ton、850ton,450tonの射出成形機を導入します。小ロットから対応します。
また日本全国に配送しますので、大型の成形機が無く困っている方は是非相談して下さい。

特色3 エンプラに対応

福岡工場に入れる成形機は電動式で耐摩耗仕様となります。ナイロンガラス入り等のエンプラの成形も行うことが可能です。インテークマニホールド等エンジン周りの部品も対応致します。

特色4 大型の金型に対応

福岡工場では20tonのホイストを導入します。
ダイスポットマシーン(ASAI 300TON テーブルサイズ3500×2500)の導入も行いますので、金型重量20tonクラスの手配は当社にお任せ下さい。金型だけの手配も可能です。

 

ベストなソリューション提案を具現化できる充実した設備

全電動式射出成形機 EC-SXIIIシリーズの写真
全電動式射出成形機 EC-SXIIIシリーズ
※写真は芝浦機械株式会社HPより

 

射出成形設備は

・射出成形機1800ton(芝浦機械)
・射出成形機850ton(芝浦機械)
・射出成形機450ton(芝浦機械)

 

金型製造設備は

・FDNC220(牧野フライス)
・放電加工機106W(牧野フライス)
・ダイスポットマシーン(ASAI 300TON テーブルサイズ3500×2500) 
・ホイスト20ton

関東製作所グループのコンセプト“プラスチック製品開発のベストパートナー”を、この九州地区にて十分実現できる設備ラインナップと自負しております。

 

芝浦機械 1800ton成形機(電動式) “EC1800SXⅢ-155A型”

設備種別 設置機種
射出質量 7750g/s
最大射出圧 180MPa
タイバー間隔 1850×1660(H×V)
デーライト 3400

1800tonの成形機は芝浦機械(元東芝機械)の電動機 EC1800SXⅢ-155A型を導入予定。
射出質量は7750g/s、最大射出圧は180MPaあり成形条件の幅が広いのが特徴です。
タイバー間隔は1850×1660(H×V)となっており、横幅が比較的大きい製品にも対応可能です。
デーライトはオプションで3400まで開く仕様にしており、深物の製品にも対応できます。
耐摩耗スクリューとしてあり、ガラス入り樹脂の成形も可能となっております。

 

芝浦機械 850ton成形機(電動式)“EC850SXⅢ-78A型”

設備種別 設置機種
射出質量 3980g/s
最大射出圧 150MPa
タイバー間隔 1320×1320(H×V)
デーライト 2500

850tonの成形機は芝浦機械(元東芝機械)の電動機 EC850SXⅢ-78A型を導入予定。
射出質量は3980g/sで、最大射出圧は150MPaあり成形条件の幅が広い仕様となります。
タイバー間隔は1320×1320(H×V)となっており、横幅が比較的大きい製品にも対応可能。
デーライトはオプションで2500まで開く仕様にしており、深物の製品にも対応できます。
耐摩耗スクリュー、耐摩耗バレルとしてあり、ガラス入り樹脂の成形も可能となっております。

 

芝浦機械 450ton成形機(電動式)“EC450SXⅢ-36A型”

設備種別 設置機種
射出質量 1730g/s
最大射出圧 190MPa
タイバー間隔 870×810(H×V)
デーライト 2000

450tonの成形機は芝浦機械(元東芝機械)の電動機、EC450SXⅢ-36A型を導入予定。
射出質量は1730g/s最大射出圧は190MPaあり成形条件の幅が広い仕様です。
タイバー間隔は870×810(H×V)となっており、横幅が比較的大きい製品にも対応可能。
デーライトはオプションで2000まで開く仕様にしており、深物の製品にも対応できます。
耐摩耗スクリュー、耐摩耗バレルとしてあり、こちらもガラス入り樹脂の成形も可能となっております。

 

450ton~1800tonまでの幅広い成形トン数に対応できるほか、耐摩耗スクリューの仕様になっている為、さまざまな樹脂の成形に対応が可能となっております。
本州地域の納品であっても、大型の成形機にお困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひ問い合わせ頂きたいと存じます。

また、海上輸送や鉄道輸送などでの対応も検討しております。

 

金型製造設備の詳細

金型に関しては、中部地区あるいは海外で製造した金型の設変、修正対応が九州地区でできる体制を整えます。

20tonのホイストを導入するので、金型重量が20tonまでは対応可能となっております。
建物自体は30tonのホイストが設置できるようにしますので、将来的にもっと大型金型の需要が高まれば、30tonホイストの設置も検討しております。

 

株式会社関東製作所 関工場 工場内写真

写真は、株式会社関東製作所 関工場 工場内写真

 

関東製作所グループの強みと特徴

関東製作所グループでは金型(射出成形用、ブロー成形用)、成形(射出成形)、加工機(オーダーメード設備)、部品加工の商材を扱っています。

当社では試作品の提供(樹脂切削品、注型品、貼り合わせ品、3Dプリンタ―製品)が可能です。
金型、成形の知識だけでなく、後工程の設備に関しても精通しておりますので、ただ単に、成形品や金型を提供するだけではなく、お客様に取ってベストなソリューションのご提案を行い、新商品が世の中に出る事をお手伝いします。

熱板溶着、振動溶着、超音波溶着等の知識も持ち合わせています。 プラスチック製品開発でお困りの際は是非当社までお問合せ下さい。

 

> 株式会社関東製作所ホームページ

> 中村精工株式会社ホームページ